のぼり旗のインクジェット印刷は依頼前に自動見積もりを

集客効果や誘導効果などあるのぼり旗を製作する上では、鮮明な印刷を可能とする
のぼり旗インクジェットが人気にもなっています。

のぼり旗インクジェットは、微細化されたインクをドット単位で噴き付けるため
写真や複雑なデザインを表現する上で優れ、しかも多彩なのぼり旗を製作したい場合には
良かったりします。

のぼり旗インクジェット印刷は、web上から依頼することも可能で、
そこでデザインデータ自体を加工して入稿を行えば、それに基づいて
印刷を行ってくれ、製作してくれます。

特にあまり経費をかけられないといった企業においては、web上で
のぼり旗を注文依頼できることは優れており、格安な費用で製作することも可能です。

格安でのぼり製作

なお、一番気になるのぼり旗インクジェットの費用については、web上で依頼を行うケースでは
自動見積もりを行うシステムが確立されていたりします。

自動見積もりについては、依頼する前にあらかじめ予算がどのくらいかかるかを
見積もってくれるシステムで、依頼をする前に行っておくと予算が立てやすくなったりします。

もちろんのぼり旗はユニークなデザインの方が集客効果や誘導効果も高まるので、
それだけ見積もりがあればユニークなデザインにするため費用をかけることも可能にします。

のぼり旗製作にかけるための予算が乏しいというのもありがちですが、あらかじめ製作のため
必要最低限度のデザインにして費用をかけないなどの措置をとることもできます。

また自動見積もりをしておけば、後から過度に請求されるトラブルにも繋がりにくくなるため、
利用者にとっても安心感を与えてくれるシステムです。

オリジナルののぼり旗の印刷業者を選ぶコツ

オリジナルののぼり旗を作るときは、印刷業者の選定がポイントです。
印刷業者によって作ることができるのぼり旗はまったく違いますし、
コストや納期といった部分にも違いが出てきます。

選び方のコツは、目的を明確にしておくことです。
たとえば、宣伝費をできるだけ抑えたいと考えているなら、
低料金であることに主眼を置いて選定すると良いでしょう。

急いでいるなら、納期が少しでも短いことを優先して選べば、最短でオリジナルののぼり旗を用意できます。
オリジナルののぼり旗のデザインも、選ぶときには気を付けたいコツです。

のぼりのデザインを選ぶ

 

既製品ではないのぼり旗を作りたいなら、オリジナル品を作れる印刷業者です。
デザインソフトで製作したデータを入稿すれば、他にはない完全オリジナルののぼり旗を作ることができます。

自分たちでデザインを製作することができないなら、既製のデザインが豊富なところです。
既製品のデザインが豊富なら、店舗や企業の理想に近いのぼり旗を見つけられる可能性は高いでしょう。

また、テンプレートが用意されているなら、簡単にほぼオリジナル品を作ることもできます。
さらにオリジナルののぼり旗は、印刷も選び方のポイントです。

片面印刷や両面印刷、印刷方法の種類など、対応次第で完成品を大きく変わってきます。
用途にあわせたオリジナル品が作れるかということも、確認しておきましょう。

目的を明確化しこれらのポイントに気をつけておくのが、選び方のコツです。

しっかりとした固定をする

のぼり旗は風の影響を受けやすいため、あまりに強風だと危険が伴います。
風に煽られて飛んでしまったり、転倒してしまうかもしれません。

それが通行している人に当たってケガをさせたり、建物を傷つけてしまうとより大きな問題になります。
そのようなことにならないために、ある程度の対策を考えなければなりません。

有効的な方法として考えられるのは、のぼり旗自体が飛んでしまわないように重さを与えることです。
地面の下に埋め込まれているポールに寄り添わせるという手もあります。

ただ、のぼり旗は日常的に軒先に出し入れすることも珍しくなく、
常に重い土台を使用していると、持ち運ぶ人の負担になりかねません。

軒先でののぼりの設置

そのことを考えて、日常用と風が強い日で土台を使い分けるのも良いでしょう。
のぼり旗の土台として使用できるものの中には、水や砂を入れて
重量を与えられるものもあり、それだと手軽に切り替えることができます。

また、のぼり旗に使用されているポールは、プラスチックのものだと
強風で折れてしまうかもしれません。特に土台にしっかり固定されていると
折れやすいです。

そのため、最初から金属製で耐久性の高いものを選んでおくことも大切です。

人に見てもらうことも大事

風によるのぼり旗のトラブルには、ポールに巻き付いてしまうものもあります。
そうなると宣伝効果など本来の役割が発揮できない上に、
布部分に負担がかかって寿命が縮まってしまうかもしれません。

これは土台の改善だけではどうしようもないので、別の対策が必要です。
具体的には巻き付きを防ぐグッズの使用が有効的で、布部分をしっかりと
ポールに固定させたり、巻き付かないように流れることができるものなど、
色々な種類があります。

実際にどのような環境下で使用するのかを考えた上で、
その環境に最適なものを選びましょう。

最適なのぼりの仕様

のぼり旗を使用する目的は、大勢の人に見てもらうためであることが多いです。
しかし強風だとそもそも人通りが少ない上に、布がたなびいてしまって
しっかりと見てもらえない恐れがあります。

そんな時は潔く仕舞っておくという方法もあります。
見る人がいないにも関わらず対策をしてのぼり旗を出し続けても、
宣伝効果よりもトラブルを引き起こすリスクの方が高くなります。

そのようなリスクを背負うよりも、最初から出さない方が無難です。
特にトラブルが起こったかどうかをすぐに確認できないような
離れた場所は、出さない方が良いでしょう。

のぼり旗で部屋の模様替え

歴史を彩る戦国時代ののぼり旗といえば敵と味方を見分けるだけでなく、ひとつの目的に向かって戦う士気を高める役割もありました。

錦の御旗や旗のもとになど、日常会話でも用いられるほど旗は馴染み深い言葉です。
のぼり旗をインテリアとして飾ると、何となく気分が高まります。

とりわけ歴史好きの方なら、後世に語り継がれる功績を残した戦国武将の家紋やスローガンを記載したのぼり旗なら尚更でしょう。もちろん歴史に関係なくても、のぼり旗を活用してインテリアを楽しむ方法はあります。

部屋にのぼりを飾る

たとえば和をモチーフにすることで江戸や京風に部屋を演出することができますし、ヨーロッパの通りで見掛けた旗のデザインを取り入れれば、ミラノやロンドンといった憧れの都市のように部屋を飾ることも可能です。

加えてのぼり旗は取り外しが自在なので、部屋のイメージを変えたいときには、異なるテイストを使うことで簡単にできますし、不要になれば片づけも簡単です。
また、実在するデザインに自身が選んだ色や図柄をミックスして依頼するのも楽しいでしょう。

戦国武将の家紋に洋風の図形を加えれば、和洋折衷のオリジナルな作品が作れます。世界に一つだけの旗に囲まれた生活は格別です。

オリジナル製作で、室内を飾る楽しみを

のぼり旗を店頭や通りに据える際は、できるだけ人目につくように大きなサイズがベストです。
一方で、室内に据えたり旗だけを飾る際は、ミニサイズが手軽に模様替えが楽しめるうえ片付けが楽なので便利です。

さらにミニサイズだと手頃な価格で製作が依頼できるので、異なるデザインをいくつも注文したり、試しに利用するときでも注文しやすいでしょう。オリジナルのデザインなど他にないのぼり旗の製作を依頼するときには、実物が完成するまでイメージがどうしても湧きにくいものです。

完成イメージ

そんなときはミニサイズで出来栄えを確認してから、多めの注文をしても遅くはありません。またオリジナル製作を利用する際は、各社の特徴を見極めることが重要です。価格はもちろんですが、のぼり旗のサイズの多様性あるいは素材、印刷の美しさなど総合的に比較して依頼しましょう。

とりわけ重要なのは印刷で、発色がイメージと異なれば室内に飾るときマイナスです。戦国武将の家紋やスローガンが色褪せては、せっかくの高揚感が台無しです。

歴史好きの方が絵や図鑑で見た旗の色を再現したいなら、慎重に依頼先を選ばなければなりません。
いずれにせよ、のぼり旗は宣伝広告のみならず多様な活用法で楽しむことができます。

費用をかけずに商品アピールできるアイテム

うなぎといえば夏のイメージがあるかもしれませんが、
実は10月から11月にかけてが旬だと言われています。

寒い時期でもおいしく食べられますから、初冬の味覚として
のぼり旗でアピールしてみてください。

のぼりで広告

販売促進アイテムとして活用されるのぼり旗は費用対効果に優れており、
コストをあまりかけずに販促ができます。

テレビCMを通じて認知してもらう手法は効果的ですが、
多額の資金が必要になるでしょう。

CM費用が高額になってしまうと、商品代金の値上げが
必要になる可能性があります。

安くよい商品をお客様に届けるためには、いかに販促費用を
削減するかがポイントになります。のぼり旗は非常に目立ちますし、
視認性も抜群に優れているのです。

店舗内を移動する人の目に入りやすく、イラストや写真を配した
設計にすれば、より明確にイメージしてもらえます。

人は見ることからイメージを膨らませて、それが購買意欲に
つながることが多いのです。新聞の折り込みチラシは
ほとんど見ないという人も、店舗内でうなぎのイラストや
写真を見れば食べたいと思うことがあるでしょう。

初冬をイメージさせる色合いを活用すれば、季節の味覚を
連想させる仕上がりになります。

記憶を表面化させることが売り上げ増加に直結する

スーパーの売り上げを伸ばすためには、いかに効果的に宣伝するかが重要です。
地域密着型の店舗なら宣伝をしなくても、お客様がきてくれると
思うかもしれませんが、アピールなしで目玉商品は伝わりません。

スーパーでアピール

のぼり旗は多くのスーパーに設置されており、特に食料品売り場には
数多く利用されています。のぼり旗でアピールをすることは、
お客様の欲求を掘り起こすためにも役立つのです。

例えばラーメンを食べたいと心が思っているとき、ラーメンの写真が
目に飛び込んでくれば食べたくなるでしょう。

もし写真を見ることがなければ、そのまま食べずに終わってしまうかもしれません。

人間は日々いろいろなことを考えているため、自身の記憶や
欲求が曖昧になっていることが多々あります。

のぼり旗を上手に活用すれば、思い出すタイミングのお手伝いができるのです。

設置するだけで高い集客効率を期待できるので、設置費用を考慮しても
それ以上の利益を期待できます。特に今が旬の商品の売り込みに適しており、
設置するだけで売り上げが数倍になるケースもあるのです。

のぼり旗を配置した商品は他商品と区別化ができ、周囲の目を
引き付けることができるので、売り上げアップが期待できるわけです。

専門店だから可能になるサービス

京都のれんではオーダーメイドのぼり旗の製作が得意です。
高品質でありながら低価格を実現しており、
お客様に最安値になるプランを提案するなど工夫しています。

おすすめポイントは納期が早いことで、一般的に4~5営業日に発送をしています。

再注文をするお客様に対しては、データの永久保存サービスで対応が可能です。
過去に注文したデータは永久保存をしているので、
同じデザインで注文するときにスムーズです。

しかもデータはローカルディスクに保存しており、
保存場所は3か所を用意しています。

データの保存

最悪の状況を想定したサービスを展開しているので、
天災などによるデータ損失を回避できるわけです。

ほかにもクライアント様のお客様への発送にも対応するなど、
至れり尽くせりのサービスを用意しています。

のぼり旗は専門店以外でも販売されていますが、
京都のれんを利用する魅力は品揃えが豊富であり、
オーダーメイドに対応できることです。

生地にも多くの種類が用意されていますから、使用状況に合わせて選べるのです。

ポンジーが基本になりますが、厚手のトロピカルも用意しています。
ほかにも変形のぼり旗の製作も可能など、お客様の希望に合わせられるのが
京都のれんの強みです。

他社との違いを明確化することがポイント

オリジナルのぼりなら世界にひとつだけの商品を製作できます。
他社と区別化を徹底することが、利益を上げるために大切なことです。

そのためには宣伝効果のアイテムにもこだわる必要があります。

オリジナルのぼり製作では、お客様が希望するカラーに近づけるように工夫しています。

色のイメージは絶大であり、例えば色合いが変わるだけで温かいイメージ、
冷たいイメージというように変化します。

のぼりと色の関係

既製品のサンプルも用意しているので、お客様自身でデザイン入稿をするのが面倒という場合におすすめです。

既製デザインは変更が可能ですから、お客様好みに仕立てることができます。
サンプルを用意しているので、具体的なイメージをしてから調整が可能です。

デザインは一般的に両面同じにするのが普通ですが、別柄にも対応しています。

ほかにもミニタイプや蛍光のぼりの製作もできるなど、
専門店ならではの強みを有しています。

他の宣伝方法と比べてリーズナブルではありますが、
場にマッチしないデザインで製作してしまうと、コストを回収するだけの
費用対効果を期待できないケースがあるでしょう。

宣伝効果を最大限に発揮させるためにも、専門店に製作を依頼してください。

防炎のぼりの製作も京都のれんにおまかせ

毎日を安全に過ごしていくためには、防災活動は欠かせないものです。
そのため様々な条例があり、これを正しく守っておかないと
罰せられる可能性もあります。

その一つとして、室内でのぼり旗を利用するときには
防炎の加工がされている物を使うことが義務付けられています。

もしも室内で火災が発生した時に、のぼりが防炎加工されていないと
大変なことになってしまいます。

防炎加工の義務

のぼりの様な巨大な布製品に火がついてしまうと、非常に短時間で
火が広がってしまう危険性があります。

さらに、こうした物はしばしば何個も横に並べて置くことは珍しくありません。
そうなると、縦だけでなく横にも火災が広がる危険性があります。

もしもこうなってしまうと、火が止められなくなってしまうでしょう。
そこで現在では、屋内で利用するものには防炎加工の物を使うことが義務付けられています。

きちんと加工されている物には、シールが貼られており、それによって
安全かどうかを確認することが出来るようになります。

確認できる

こうした社会の規則を正しく守らなければ、それだけで大きな罰則を受けてしまいます。
小さなことで会社に損失を出さないためにも、しっかりと対応していくことが大切です。

京都のれんでもこうした社会背景を考慮して、火災に対応したのぼりを製作し、販売しています。

加工自体には特別に大きな費用負担が発生するものではありませんので、
もしも必要ならば、正しく行っておいた方が何かと無難になります。

通販で「のぼり」を購入するならカラーには要注意!

街中でもとても目立つのぼりですが、通販で購入するときはカラーに気を付けてください。

直接自分の目で見ているわけではないために、手元に届いた時にイメージしたものとは違うと思わないようにしなくてはなりません。

色のイメージの違い

パソコンやスマートフォンから注文することになるでしょう。その場合、画面の設定によってはカラーの印象が変わる可能性があるので画面設定に注意しましょう。
また、どのような仕様かもチェックしましょう。やはり実際に手元に届いた時の印象が変わる可能性があるからです。

生地の感じが違うなどで思ったようなのぼりではないと思わないようにするためにも、画面上で見た印象だけで判断しない方が良いでしょう。
お店にとってとても大事な存在です。
しかし、忙しくてお店に行って実物を見てから購入できないかもしれません。

また、お店の近くに販売店がないこともあるでしょう。そうなると、どうしても通販を利用しなくてはなりません。

のぼり旗があるのとないのとでは存在感もかなり左右されます。意外とお店を探す時に、たまたま通りかかったから選ぶ人もいます。

のぼりの存在

いくらインターネットが栄えていても、街中でお店を自分で探す人は多いので、お店の目の前に一つでものぼりを置いておくとそのおかがでお店を見つけてもらえることは珍しいことではありません。

自分たちのお店らしさを表現すれば、たまたま通りかかった人がそのままお店に入ってくれる可能性はとても高くなるのでカラーと仕様は気を付けてください。

のぼり旗の丈夫な加工について

のぼり旗は、一日中外に立てていることもことも多くあり、
雨風や太陽光などを浴びていると縫製が弱くなっていき、
ほつれの原因となったりすることもあるので、丈夫な加工を
しておくことがとても大切です。

劣化していく

旗には三巻加工という方法があり、折り返して縫製することによって、
見た目も美しくなるだけでなく、とても丈夫になります。

強風や雨などによって生地が劣化してきても、
ほつれの原因を抑えることができます。

また、旗は4方向あることから、それぞれの方向を
三巻にすることができます。

一番丈夫な方法は四方を三巻にすることによって、
一番耐久性が高い縫製になります。

強い縫製

さらに丈夫な縫製としてはのぼりの袋縫いがあり、
ボール部分を袋縫いすることによって、強風による
巻き上げを防止することができるので、さらに丈夫な
のぼり旗にすることができます。

のぼり旗は、お店を宣伝したりアピールするための物であることから、
すぐに劣化してしまうと新しいのぼりに交換しなければなりません。

そのため、丈夫なのぼりに加工しておくと、買い換えの経費を
抑えることができます。

目立つ色ののぼり旗の持つ効果

のぼり旗は店舗前など外に設置されることも多いものであり、
遠くからでもより多くの人の目がいくようなアピール力が必要になります。

それはデザインやサイズだけでなく色に関しても言えることです。
のぼり旗で目立つ色といえば、赤や黄色などがあります。
赤はエネルギッシュな色でもあり、黄色では信号の注意カラーでも
あることから人の目にとまりやすい色でもあります。

目に止まりやすい

地となるカラーが決まったら、そこに入れる絵柄や文字に関しても
色の選択は重要です。

また、設置場所によっても目立つ色というのは違ってくるものです。
周りの商店でも同じような赤や黄色の色を使ったのぼり旗があれば
同化してしまうので逆に目立たなくなってしまいます。

また、設置場所の近くの壁の色にも影響をしてきます。
まわりと同化しないように、あえて一般的には目立ちにくいとされる
緑や青で作るという方法も人の目にとまる可能性も高くなるので、
状況から判断することは非常に重要です。

状況に合わせる

シルク印刷ののぼり旗について

のぼり旗を確保して、積極的にアピールをしていくためには
どういったタイプののぼり旗を選ぶかが重要になってきます。

ポイントは結構たくさんあるもので、デザイン、サイズ、
強度といったものも大事ですが、入手にかかる
費用のことを考えた注文の仕方をすることも
大切です。

費用を考える

例えば、シルク印刷と言うタイプののぼり旗がありますが、
このタイプの場合、大量に注文すれば、1枚あたりの価格が
かなり安くなることがあります。

イベントなどで大量に必要になる場合には、とても助かるものです。
なお、注文する数によっては割高になってしまうこともありますから、
注意しておきたいところです。

ちなみに、シルク印刷と言うのは、インクの種類が
豊富と言う特長があり、このおかげで、美しい仕上がりが
可能になると言うメリットがあります。

また、濃いインクで印刷をすることが可能と言う特長もあります。
このおかげで裏抜けが良くなるため、視認性がアップするという
メリットがあります。

裏抜けが良くなる