防炎のぼりの製作も京都のれんにおまかせ

毎日を安全に過ごしていくためには、防災活動は欠かせないものです。
そのため様々な条例があり、これを正しく守っておかないと
罰せられる可能性もあります。

その一つとして、室内でのぼり旗を利用するときには
防炎の加工がされている物を使うことが義務付けられています。

もしも室内で火災が発生した時に、のぼりが防炎加工されていないと
大変なことになってしまいます。

防炎加工の義務

のぼりの様な巨大な布製品に火がついてしまうと、非常に短時間で
火が広がってしまう危険性があります。

さらに、こうした物はしばしば何個も横に並べて置くことは珍しくありません。
そうなると、縦だけでなく横にも火災が広がる危険性があります。

もしもこうなってしまうと、火が止められなくなってしまうでしょう。
そこで現在では、屋内で利用するものには防炎加工の物を使うことが義務付けられています。

きちんと加工されている物には、シールが貼られており、それによって
安全かどうかを確認することが出来るようになります。

確認できる

こうした社会の規則を正しく守らなければ、それだけで大きな罰則を受けてしまいます。
小さなことで会社に損失を出さないためにも、しっかりと対応していくことが大切です。

京都のれんでもこうした社会背景を考慮して、火災に対応したのぼりを製作し、販売しています。

加工自体には特別に大きな費用負担が発生するものではありませんので、
もしも必要ならば、正しく行っておいた方が何かと無難になります。

のぼり旗の丈夫な加工について

のぼり旗は、一日中外に立てていることもことも多くあり、
雨風や太陽光などを浴びていると縫製が弱くなっていき、
ほつれの原因となったりすることもあるので、丈夫な加工を
しておくことがとても大切です。

劣化していく

旗には三巻加工という方法があり、折り返して縫製することによって、
見た目も美しくなるだけでなく、とても丈夫になります。

強風や雨などによって生地が劣化してきても、
ほつれの原因を抑えることができます。

また、旗は4方向あることから、それぞれの方向を
三巻にすることができます。

一番丈夫な方法は四方を三巻にすることによって、
一番耐久性が高い縫製になります。

強い縫製

さらに丈夫な縫製としてはのぼりの袋縫いがあり、
ボール部分を袋縫いすることによって、強風による
巻き上げを防止することができるので、さらに丈夫な
のぼり旗にすることができます。

のぼり旗は、お店を宣伝したりアピールするための物であることから、
すぐに劣化してしまうと新しいのぼりに交換しなければなりません。

そのため、丈夫なのぼりに加工しておくと、買い換えの経費を
抑えることができます。

目立つ色ののぼり旗の持つ効果

のぼり旗は店舗前など外に設置されることも多いものであり、
遠くからでもより多くの人の目がいくようなアピール力が必要になります。

それはデザインやサイズだけでなく色に関しても言えることです。
のぼり旗で目立つ色といえば、赤や黄色などがあります。
赤はエネルギッシュな色でもあり、黄色では信号の注意カラーでも
あることから人の目にとまりやすい色でもあります。

目に止まりやすい

地となるカラーが決まったら、そこに入れる絵柄や文字に関しても
色の選択は重要です。

また、設置場所によっても目立つ色というのは違ってくるものです。
周りの商店でも同じような赤や黄色の色を使ったのぼり旗があれば
同化してしまうので逆に目立たなくなってしまいます。

また、設置場所の近くの壁の色にも影響をしてきます。
まわりと同化しないように、あえて一般的には目立ちにくいとされる
緑や青で作るという方法も人の目にとまる可能性も高くなるので、
状況から判断することは非常に重要です。

状況に合わせる