コンテンツへスキップ

のぼり旗の丈夫な加工について

ひと工夫

のぼり旗は、一日中外に立てていることもことも多くあり、
雨風や太陽光などを浴びていると縫製が弱くなっていき、
ほつれの原因となったりすることもあるので、丈夫な加工を
しておくことがとても大切です。

旗には三巻加工という方法があり、折り返して縫製することによって、
見た目も美しくなるだけでなく、とても丈夫になります。

強風や雨などによって生地が劣化してきても、
ほつれの原因を抑えることができます。

また、旗は4方向あることから、それぞれの方向を
三巻にすることができます。

一番丈夫な方法は四方を三巻にすることによって、
一番耐久性が高い縫製になります。

さらに丈夫な縫製としてはのぼりの袋縫いがあり、
ボール部分を袋縫いすることによって、強風による
巻き上げを防止することができるので、さらに丈夫な
のぼり旗にすることができます。

のぼり旗は、お店を宣伝したりアピールするための物であることから、
すぐに劣化してしまうと新しいのぼりに交換しなければなりません。

そのため、丈夫なのぼりに加工しておくと、買い換えの経費を
抑えることができます。

扱いに注意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)